高松英会話ケビンズイングリッシュハウス |大人英会話ニュース2018

By Kevin Cozma for 高松英会話ケビンズイングリッシュハウス

大人英会話の生徒のコラージュ|高松英会話ケビンズイングリッシュハウス

皆さん、明けましておめでとうございます!ワクワクドキドキの2019年が待っていますね。私も、皆さん方に英語を教えることにワクワクし、また反対に皆さん方から学ばせていただくことも楽しみにしています。昨年2018年はたくさんの素晴らしい出来事に恵まれ、多くの良いニュースがありました。その一例として先月、子ども英会話 について教室のサイトで詳しく紹介し、また英語弁論大会・暗唱大会の受賞 (2018年高松市英語弁論大会 受賞の数々)についてブログに記事を載せました。今月は大人英会話 について、皆さん方に幾つかストーリーをご紹介したいと思います。

大人クラスで個々の英語のスキルに応じて独特の目標を達成したり、また面白い方法で英語を使っている生徒たちについて、今回3部に分けて詳しくストーリーをお伝えします。 【第1部】香川県での医者から外交官に転身しクウェートへ行くことになった生徒 【第2部】学校や企業を通じて様々な理由により無料の海外研修 / 旅行に選ばれた生徒たち 【第3部】ユニークな方法でそれぞれの英語のスキルを活用している2人のクラスメートたち 

【第1部】教室の生徒が外交官に!  まず一人目は・・・教室の大人英会話クラスの生徒で医者でもあるJunichiさん。彼は外交官試験に合格し、医務官としてクウェートに赴任することが決まりました。Junichiさん、ここ高松であなたとあなたのの家族に会えなくなるのはとても寂しいですが、あなたの勤勉さとその成功には本当に感心していて、そして心から嬉しく思います。幸運を祈っています。あなただったら必ず、しっかり任務を果たすでしょう!

【第2部】カモン・ベイビー・アメリカ(^O^)/ 次は 、高校生クラスの生徒たちと大人クラスの生徒のアメリカへ行った(ほぼ無料で!)ストーリーです。

Shunさんは、大人英会話クラスで夜間に開講しているクラスの一つに来ている生徒です。彼は実に素晴らしい生徒であるだけでなく、皆が大好きな酒販店「ヒサモト」の最高の営業マンでもあります。彼は、アメリカに本社を持つモルソン・クアーズ・ジャパンのバックアップで全国でセールスコンテストがあった際に成績優秀者上位3名中なんと2位(!)に入り、コロラド州デンバーやゴールデンでの視察研修ツアーに招待されました。クラフトビールやウィスキーで有名な街で、本場のクラフトビール工場や飲食店を数多く視察し、観光では、有名アーティストたちがライブを行うレッドロックス野外劇場や地元コロラド・ロッキーズ の本拠地クアーズフィールドで大リーグ観戦をしたそうです。

Nakoさんは教室の高校生の生徒の一人です。彼女は、世界で活躍するリーダーの育成を目的とした外資系損害保険会社よる「高校生外交官」というプログラムで選ばれ、彼女を含めて全国から参加した40名(県内からはただ一人!)の高校生が無料でアメリカを訪問しました。現地ではホワイトハウスを訪れ、プリンストン大学の寮に滞在し、出会った多くの人たちからたくさんの刺激を受けたそうです。この若さで、何と素晴らしい経験でしょう!数年前に、教室の生徒のSoraさんも似たようなプログラムでイタリアへ行っています。彼女はイタリアから帰国した後、その経験を英語のスピーチにし、コンテストで賞を取りました。そのまた数年前に、高校生の別の生徒のIkki君が高松市の姉妹都市であるセント・ピーターズバーグへの高校生親善研修生に選ばれ、アメリカを訪問しています。さあ、次に選ばれる高校生はあなたのお子さんかもしれませんね。

高校生の生徒たちに関する話題が出ているところで、もう一人、Rinkoさんです。彼女は、「トビタテ!留学SANUKI」(「トビタテ!留学JAPANの香川県版)で選ばれ、オハイオ州シンシナティへ1ヶ月ファームステイに行きました。限られた土地を使い工夫して無農薬で農業をしている一家へホームステイし、農業を学び、週に1回は地元の大学で授業を聴講するチャンスにも恵まれたそうです。もちろん、「全て英語で」です。向こうでの様々な体験と経験を通して「こういう農業をしたい!という気持ちが強くなった」と帰国してから話をしてくれました。教室ではホームステイに行く生徒がたくさんいますが、ファームステイ?!面白いですね。Rinkoさんは更に、この体験を題材に英語スピーチコンテストに出場して賞を受賞し、新聞にも掲載されました。詳しくは「 2018年高松市英語弁論大会 受賞の数々 」をご覧ください。また彼女は以前にも教室のブログで紹介されたことがあります。 「2016年高松市英語弁論大会 」、「英語弁論大会おめでとう 」、「英語弁論大会受賞、おめでとう

【第3部】ユニークなクラスメートたち 大人英会話クラスの一つで、ちょっとユニークな方法で学んだ英語のスキルを使っている2人の生徒のストーリーです。

では、レディーファーストで。何年も前に附属中学校で教えた生徒から1年前にメールを貰った時は、本当に嬉しかったです。何年も経ってまた再会できるなんて!大学進学を機に香川を離れ、県外で仕事をしていた彼女は、高松へ戻り、なんと英語教員免許を取得するべく大学へ入り直しました。教育実習も無事に終わり、春から高校で英語の教師になることが決まっています。彼女は、この教員になるための勉強や実習を、まだ幼いお子さんのお世話をしながらこなしたそうです。Izumiさん、おめでとうございます!あなたは絶対に素晴らしい英語の教師になります!

最後になりましたが、とても重要な生徒をもう一人。Naoyukiさんです。彼は香川大学経済学部の教授で、ケビンズイングリッシュハウスにはとても長い間通ってくださっており、また研究休暇で1年間イギリスに住んだことがあります。彼は、今までコツコツと熱心に学んできた英語のスキルを大学で使用し、なんと講義の一つを英語で行っているのです。すごいですね!是非このまま継続して、頑張ってほしいです。またNaoyukiさんは、香川県の英語によるツアーガイドの資格取得に向けて現在勉強中です。TOEICのスコアが最低730点必要なのだそうですが、もちろんそれは軽々とクリアされました 。彼の物事に対する達成度を見ていると、私も「もっと時間を効果的に使わなくては!」という気持ちになります。

2 Replies to “高松英会話ケビンズイングリッシュハウス |大人英会話ニュース2018”

  1. 皆さんvitalityに溢れていて、本当に努力なさっていますね。
    時間を有効に使って目標に向かって励むことの大切さを改めて学ばせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です